自動車船用スターンランプ及サイドランプ

自動車船用スターンランプ及サイドランプ

RO/RO船、フェリー、自動車専用運搬船(P.C.C.)に使用され、格納時はドアーの機能をする。自動車走行通路で、No.1ランプは船体に取付られた巻取ウインチにより開閉し、No.2ランプは船体に取付られた巻取ウインチ、あるいは、油圧ジガーウインチにより開閉します。
格納時は、油圧ロックシステムとラバーシールにより、完全に水密が保たれます。通常、ランプの振出しを容易にするため、プッシュシリンダーが取付られ、また、航海中は波浪衝撃に対処するため、ラッシングシリンダーによりランプは固縛されています。
開閉操作及び油圧ロックシステムの作動は、ワンタッチで遠隔操作され、表示灯により確認されます。

These ramps are used for vehicle loading/unloading into/from RO/RO ships, ferries and car carriers (P.C.C.) and function as the doors in stowed position, No.1 ramp is operated by a winch on board and No.2 ramp by a ship winch or hydraulic jigger winch.
In stowed position, the ramp constitutes an integral part of shell and is completely kept watertight by the hydraulic lock system and rubber seal. Normally, a bush cylinder is provided to facilitate installation of ramp. At sea, ramp is secured by a lashing cylinder against wave impacts.
Operation of ramp and hydraulic lock system is remotely controlled by a single operation and ascertained by indicator lamps.

サイドランプドア

サイドランプドア

2デッキに使用可能な、共立独自の特殊ランプドアーです。
ランプ本体を使用するデッキに合せ、AデッキあるいはBデッキと上下にスライドさせるもので、ワイヤー引き、リフティングロッド、シリンダー等により円滑にスライドが可能です。
格納はAデッキにて行い、DOORとしての機能を有するので、水密性はもちろん外板の一部としての強度も有します。
移設タイプのランプドアーを取付けますと、岸壁との接岸条件に巾ができ、干満差の大きい港に入港することが可能です。
操作については、ランプの振出しと上下のスライドとの作動を、インターロックにより分割し、誤操作による事故防止にも配慮がなされています。

This is a KYORITSU’s unique and special ramp (also serves as a door) usable for two Decks.
The ramp body slides up and down to A or B Deck.
The smooth sliding is accomplished by wire, lifting rods and cylinders.
The ramp is stowed at A-Deck and functions as a door in closed position. It has the watertightness and strength as part of the shell.
If this type of ramp is installed, it is no longer necessary to worry about the berthing conditions. Entry into a port with the bigrange of tide is possible. The ramp stretching is separated from the vertical sliding operation by means of interlocks to prevent possible accidents by misoperation.

カーゴリフター

カーゴリフターカーゴリフター

主としてコンテナ、車輌(トレーラー)をエレベーター式に各デッキに移動させる為に取付られるもので、取付場所、用途に合せ適用ルールに基づき、最適の方法を取ることができます。
カーゴリフターを取付た場合、垂直に移動が可能なため、車輌の旋回スペースが不用となり、積載効率が非常に高くなる利点があります。
一般的にリフターの上下駆動は油圧により行い、制御は電気的に行うため完全な自動化も可能です。また、安全対策としてのオーバーロードの検出も容易です。また、Wチェーン方式あるいはWワイヤー方式を採用して、二重安全方式となっています。
通常リフターカバー(D.K. カバー)と併用され、リフターは下D.K.で格納し上D.K.でリフターカバーをして、さらに積載効率を高めることができます。

Cargo lifter is utilized to convey mainly containers and trailers vertically to each deck.
Optimum handling method is adopted with various cargo lifters locations and purposes based on applicable handling requirements. The cargo lifter, which moves vertically, will eliminate the need for swivelling space, resulting in higher carrying capacity.
Generally, vertical drive is hydraulic, and controlled electrically. Therefor, full automation is possible with safety overload detection. Also, W-chain method or W-wire method is adopted for additional safety purpose.
Cargo lifter is usually utilized with a lifer cover(Deck cover). The lifter is hangared within the lower Deck and covered by upper Deck, which enhances larger carrying capacity.

スロープウェイ

スロープウェイ

上部車輌甲板と下部車輌甲板との車の移動に使用される船内用ランプです。不要時には上甲板側のジガーウインチで吊り上げ格納され、格納後は別の油圧シリンダーでロックされます。上甲板と同一面に収まるため甲板同様に通行も可能です。

This is a ramp unit used for shifting cars between two decks. When not in use, it is hoisted up to the same level as the upper-side car deck by a jigger winch and locked in place by a set of hydraulic cylinders.
This unit, therefore, becomes a part of the watertight deck cover in its stowed position for maximum utilization of deck space.

車輌用自走式ランプウェイ装置

車輌用自走式ランプウェイ装置

不特定なRORO船、フェリー用に開発された陸側自走式ランプウェイ装置です。
乗り込み口に合わせて、移動、上昇、下降機能を持つ大荷重用自走式ランプウェイ装置です。(当社製品:アルミ製スターンランプ装置、自走式ランプウェイ装置)

This is a shore ramp system developed for any Ro/Ro ship or ferryboat.
It is a heavy-duty mobile type ramp system capable of lifting and lowering according to the access port of a ship.